________________


  2006年 年賀状 01.01.2006
     



謹賀新年        2006年元旦

昨年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
 国連大学の任期も早いもので、半分少々を経過しました。正直なところ、やっと全貌を把握したという感じですが、今後、この機関の管理者の一人として、世界の持続可能性にどのように貢献できるか、本年がある意味で勝負の年となるようです。一つは、外部予算への対応、もう一つは、アフリカでの高等教育への貢献、そしてさらに、国連機関として何が真の存在意義か、でしょうか。昨年のラオス、タジキスタンのように、今年は、ますます観光地以外の国々に出かけることが多くなりそうです。出張印象記などは、随時、私の個人HPに公開しておりますので、よろしければ、ご覧下さい