単位換算電卓 (CO2とC)

通常CO2原単位は、二酸化炭素換算(単位あたりの二酸化炭素排出量=kg-CO2/標準単位) か炭素換算(単位あたりの二酸化炭素排出量=kg-C/標準単位)で表記されています。複数の原単位を使用する場合には、どちらかの表記に統一しないと間違った計算をしてしまうので注意しましょう。

例えば、炭素換算で表記された値を二酸化炭素換算表記に変える場合は、分子量の比(44/12)をかけることになります。CO2換算からC換算の場合は逆数(12/44)をかけます。

  (X) C-kg/kg --> (Y) CO2-kg/kg の場合 

    Y = X * 44(CO2分子量) / 12(C分子量)

下の画面で自動計算ができます。

 

1.数値を入力

2.単位を選ぶ

3.計算ボタンを押す

 

   
CO2換算後の数値kg-CO2/***
C換算後の数値kg-C/***
 

戻る