熱量表記の原単位換算

化石燃料エネルギーの燃焼分

環境省では、地球温暖化対策推進施行令に基づいた燃料の温室効果ガス排出係数を定めています。

「平成14年度 温室効果ガス排出量算定方法検討会」では、これまでの燃料重量あたりの排出係数の表記から熱量あたりの排出係数に変更されています。平成12年度からの排出係数はMJあたりで表記されることになり、実際の燃料消費量からCO2排出量を計算することが面倒になりました。

ここでは、燃料の消費量から熱量換算を内部計算し、CO2排出量を計算します。

下の画面で自動計算ができます。

 

1.燃料を選ぶ

2.数値を入力

3.計算ボタンを押す

 

CO2排出量kg-CO2/
  
CO2排出係数kg-CO2/MJ
標準発熱量MJ/

標準発熱量は平成14年2月に改訂された値を採用


戻る