-------


  食品中の「放射能」の議論  03.22.2011 

     @Facebook「環境学ガイド」



こんな議論が行われましたので、大部分の方を匿名にしてご紹介します。まだ継続すると思いますが。


smk
 食品の摂取基準もICRPの勧告を元に決められていると思います。ICRPの1970年の勧告が長い間使われてきましたが、その後、1990年に再度勧告され、5年平均の被曝線量で評価するようになったようです。(1年間の被曝線量限度は同じです。)たぶん、1990年勧告を基準にすると、ご指摘のように日本人の食生活にあわないところがあるのかもしれません。
日曜日20:52 ・ いいね!

安井 至
 なかなかお詳しい。自治体は、食品中の放射性物質による被曝の情報を出す義務があるのでしたっけ。それにしても、放射線規制の話は難しいですね。ICRPのものも、かなり慎重な基準のように思います。ところで、ヨウ素と日本人の話ですが、原子力安全委員会の資料をちょっと見ましたところ、どうも、日本人の場合には、経口摂取したヨウ素の20%が甲状腺に行くという仮定で、ICRPのものは、30%になっているらしいです。やはり食生活はある程度、考えに入っているようです。
日曜日21:52 ・ いいね! ・ 1人

島田 敏
 我が家の次男が毎週土日、休日少年野球で土とたわむれています。私も半分くらいつきあっています。場所は茨城県西部ですが、朝6~8時くらいから夕方4時~6時くらいまで練習や試合をします。食品についての情報はありますが、こういった中で、屋外スポーツで継続的にどんどん肺からほこりを吸い込む状態についての安全性についての評価はあるのでしょうか?子供達の活動のことなので何らかの評価基準などがあるといいのですが・・・・・。
日曜日22:47 ・ いいね!

久松 達央
 茨城県土浦市で有機農業をやっている久松と申します。3/19の県知事の出荷自粛要請を受けて今週は葉物野菜の出荷を見合わせます。ちょうど今晩仲間と話し合いを持った所です。食品としての安全性以外に規制の枠組み等から勉強中です。よろしくお願いします。
日曜日22:54 ・ いいね!

安井 至
 島田様:文部科学省のHPのトップページから、各県の放射線モニタリングの情報が入手可能です。茨城県も栃木県も、一時的にピーク値が出ましたが、それ以後収まっていて、大体、0.15マイクロシーベルト/時ぐらいです。毎週土曜日に4時間野球をやるとして、200時間。その間に受ける放射線量は30マイクロシーベルトぐらいなものです。年間、2400マイクロシーベルトぐらいの被曝量が普通ですから、全く問題ないレベルです。
日曜日22:56 ・ いいね! ・ 1人

島田 敏
 安井先生ありがとうございます。こちらの少年野球の状況は大体1日8時間、土日+休日なので4倍で120マイクロシーベルト+ぐらいになります。でも大丈夫そうですね。ただ、一番心配なのが肺からの吸い込みのセシウム137なのですが、これも、体から排出されるので内部被ばくについて考えなくでも大丈夫と考えて良いでしょうか?
日曜日23:14 ・ いいね!

島田 敏
 前の質問とは別件ですが、夕方、水道修理につくば市に行って、修理したお宅で生産しているホウレンソウをごっそりもらってきました。出荷停止になったのでもっていってとのこと、トンネル栽培だから大丈夫だよと言っておりました。昨晩TVでいっていることの結果が現実となって目の前に現れたのでびっくりしました。でも、ごちそうさまです。
日曜日23:22 ・ いいね!

安井 至
 吸収した微粒子が、肺にでも刺されば、そこが危ないのは事実でしょうね。セシウムは酸化物になっていますが、水に溶けやすいので、一箇所に留まるという感じではないと思います。まあ、なんとも言いがたいところは残るのですが。ホウレンソウは結構でした。もしトンネル栽培でなくても、洗って、茹でて、お湯を捨てれば、セシウムは下水へですね。ヨウ素は、多分、根から吸われるのでしょうと思いますが。どなたかご存知ありませんか。
日曜日23:26 ・ いいね!

島田 敏
 安井先生ありがとうございます。幾分グレーな所も残るわけですね。中学、高校等毎日やる部活等もあるし、春休みが終われば、小学校でもグラウンドでどんどん遊びまわると思いますので屋外スポーツでのほこりの吸い込みの安全性についてもどこかで調査し、基準値を示しててもらえるとありがたいです。マスクをして野球や鬼ごっこをしなくてはならないのか、あまり気にしなくてもよいのかというのは、結構大きな問題なので・・・。日曜日23:46 ・ いいね!

安井 至
 グレーと言うほど、黒味は無いように思います。真っ白ではない程度。雨が数回降れば、セシウムは土の中では、とも思います。調査は、自治体の仕事かもしれませんが。
月曜日 0:23 ・ いいね!

amx
 土壌中のヨウ素については下記論文の「はじめに」をご覧ください。
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/society/73-2716.pdf
月曜日 1:04 ・ いいね!

安井 至
amxさま:このリンク先は、「許可されていない」とのメッセージがでます。
月曜日 9:59 ・ いいね!

amx
 失礼いたしました。論文は、山田ら「土壌ヨウ素とイネ赤枯れ病の関連性」日本土壌肥料科学雑誌、77(5)、563-568 (2006) です。論文タイトルでGoogle検索すると、何番目かに無料閲覧可能なAGROPEDIA(農学情報検索サイト)のページがヒットします。
月曜日 10:51 ・ いいね!

amx
 リンクをクリックではなくて、ブラウザへコピーペーストすれば直接PDFにアクセスできるようです。
月曜日 10:56 ・ いいね!

安井 至
  「はじめに」だけを読みました。こんなことなのですね。今回放出されたヨウ素131は、半減期8日です。β崩壊してキセノンになりますから、問題は無さそうですが。
月曜日 11:11 ・ いいね!

tiy
 「プラネタリウムの開設の為に名古屋に来ていた技術者が、放射能が怖いと言って帰ってしまった」「外国人の検査官が、放射能が怖いと言って茨城県の鹿島への出張を拒んで居る」と言った話が次々に聞こえて来ています。何れもそれなりの教育を受けて居る筈の人達ですが、いざとなると理性で自らを律する事は難しいようです。
月曜日 13:47 ・ いいね!

fiz
 インターネットを調べる限り、低線量被爆での直線性(LNT仮説)の議論が長年継続しているところで、今回の問題が起こったようですが、これで低線量内部被爆の議論が政治的なものからもう少し科学的な議論として進めばと感じていますが、そんな理解で正しいのでしょうか?
月曜日 14:14 ・ いいね!

安井 至
 今回の規制値の話は、食品中の濃度などの状態が1年以上継続するという仮定に基づいた規制値を、今回のようなケースにも適用することの無意味さだと思います。低線量被曝の直線性の話は多少考慮されているとも考えることができます。というのも、年間被曝量を5mSv、ヨウ素だと50mSvと仮定しているように思える点です。インドのケララの高被曝地域などを参照しているのかもしれません。
 低線量被曝の話は、広島・長崎の被爆者認定の問題で、相当に政治的なものがありようですが、詳しくは知りません。化学物質の場合、有害性の研...続きを読む
月曜日 15:59 ・ いいね!

安井 至
 テレビを見るのを止めて、情報はFMラジオにしました。
 先ほどの7時のニュースで、農産物の出荷停止を菅首相が県知事に要請したというようなことを言っておりました。枝野官房長官は、コメントとして、対象となった農産物は、それを一生食べ続けた場合に、問題がでるかもしれない、という暫定基準値を超している、と表現していました。この状況で適用する妥当性は無い、と思いますが、行政府としては、これを適用しないと、恐らく法律違反=犯罪になるので、ダメなのでしょうね。法律は、もともと国民のためにある...続きを読む
月曜日 19:57 ・ いいね!

tiy
 出荷停止は科学的観点からは非合理だと思いますが、風評被害の防止という観点から見た場合は、妥当なのでは無いでしょうか?
「基準を超えたら出荷させない」というシンプルなルールが厳格に適用される事を示した方が、消費者の安心感が高まるのでは無いかと思います。
23時間前 ・ いいね!

久松 達央
 実際に出荷停止措置を受けた者です(笑)。
出荷自粛要請は食品衛生法に基づく行政措置ですが,通常,残留農薬などの場合には,流通している物を県がサンプル調査し,基準値を超えた物が発見されると出荷元に出荷自粛要請,販売先に販売禁止措置を取ります。今回は前例のない放射性物質だったため,福島に近い県北地域で圃場からサンプルを取って検査し,基準値を超える値が出たために,予防的に全県に出荷自粛要請を出したという経緯のようです。これまでの個別にトレースして要請を出す枠組みを明らかに越えています...続きを読む
23時間前 ・ いいね! ・ 1人

久松 達央
 21日付けで政府が指示した出荷停止措置は前述の枠組みを越えて全ての対象品目を停止措置にするために,原子力災害特措法に基づく措置だそうです。
http://bit.ly/i2GoG8
23時間前 ・ いいね! ・ 1人

安井 至
 久松様:お気の毒様。東電が、それでも不十分なら国が補償すると枝野氏が言っていましたので、大丈夫だとは思いますが。
 Ichinose様:これほど津波で死者がでているのに、自らのことになると、ほぼ完全にゼロのリスクも受容できない消費者という人々の考え方をどうしても変えたいのです。消費者の安心感というものが、どれほど直感的というか、無条件反射的なものであるか、ということを伝えたいのです。こんなときこそ、大脳で考えて、自らの行動を律せよと。
 原子力災害特措法の定める対策本部長は、総理...続きを読む
22時間前 ・ いいね!

hha
 個人的には今回の出荷停止は科学的には全くのナンセンスだと思っています。ただ同時に、現状のメディアの報道姿勢を見ているといずれにせよ風評被害は避けようがなく、であれば科学的な意味はなくても1か月くらい出荷を見合わせるのも仕方ないとも思います。この国のメディアは事後検証をほとんどしないので、1月もすればきれいに忘れているのでは。
私は原子力産業に関わる者として一般の方とは視点が異なるとは思いますが、メディアの無理解には毎度もどかしい思いをしています。特に、日頃比較的信頼していた日経...続きを読む
22時間前 ・ いいね!

tkb
 仕事柄、生協の組合員から日々電話で入って来る声を記録したものを見ています。先週末から、「放射能汚染された食品を配達しないで欲しい」という声が入るようになりました。テレビでの解説が難しすぎるのだろうなと思います。また、行政の対応も、何もしなかったのかと後で言われないための、責任逃れのように感じます。わかりやすい解説のできるよう、「市民のための環境学ガイド」の情報を職場で学習資料として配布しています。わかりやすい解説ありがとうございました。
22時間前 ・ いいね!

久松 達央
 科学的な合理性,法理のいずれをとってもすっきりしないということですね。マスメディアにその検証を期待するのは難しそうなので(笑),他でやるしかないですね。
22時間前 ・ いいね!
smk チェルノブイリの時も、すっきりしないまま、報道され、行政は表に出ないようなデータを何年か計測していました。
21時間前 ・ いいね!

had
  「食品安全委員会が暫定基準を定めた」は、厚生労働省の間違いです(17日)。食品安全委員会には基準化が諮問されました(20日)が、リスク評価には一定の時間が掛かると思います。厚労省も物差しがなければ措置できないので暫定で置いたと思いますが、自ら首を絞めた格好ですね。でもそのおかげで、食に携わる当事者は皆振り回されます・・・
20時間前 ・ いいね!

smk
 チェルノブイリの際も、計測データに問題があるわけではなく、データの蓄積として将来に役立つものであればそれはそれでよかったのだと思いますが、市民に正しい認識をどのようにもってもらえるか・・・どんなに数値が低くてもゼロでなくては納得しない人や、基準以下であっても非常に不安を持つ人などいろいろで、確かに心理的要因が大きく、特に目に見えない物に対しては、その不安がより大きく感じられるようです。今回は、国内の事故ですので、より不安を感じる人が増えても不思議ではありません。
20時間前 ・ いいね!

安井 至
 hadさん:了解。訂正します。
20時間前 ・ いいね!

kye
 出荷停止はするが、食べてもすぐ健康に害はないという言い方は分かりづらいです。法律上出荷停止をしなくてはならないのでしょうが、多くの人はそこだけに目が行き、毒だ毒だと騒いでしまうのでしょう。自分も含めて、もっと科学的な物の見方を学ぶ必要があると思っています。リスクゼロでないと納得しない人が周りに満ち溢れています。
20時間前 ・ いいね!

nhc
 「海苔(浅草海苔)を消化できる腸内細菌を飼っているのは、日本人だけだとのことである。」とのことですが、日本人のほかに朝鮮民族も持っているようです。韓国土産に、海苔は定番ですよね。
19時間前 ・ いいね!

久松 達央
 kyeさん 確かに分かりづらいかもしれませんが,それだけ基準値を低く見ているという事ですね。まだまだ安全なレベルでも出荷停止させる制度なのだから安心だ,というロジックはなぜ通用しないのでしょうね?
この先原発をどうしていくか,という議論をする時に多くの人がゼロリスク症候群から抜け出られないと,さらに誤った判断をしかねません。
13時間前 ・ いいね! ・ 1人

tkb
 なかなか難しいですね。今朝の朝刊を見ても「4件に出荷制限」と大きく出ています。大手スーパーが売り場から撤去しましたね。ホウレンソウ・カキ菜・牛乳だけじゃなく他の農産物も売れなくなるでしょうね。安全なレベルを、もっとわかりやすく解説する必要があります。自分でも考えてみますが、皆さんもよろしく。
11時間前 ・ いいね!

ksf
 少しでも多くの人に、この解説を読んでいただきたく、私のブログで紹介させていただきました。 http://komatsu-sumoto.seesaa.net/article/191701586.html 「食品の放射性物質汚染が心配な方々へ」 そもそも「暫定基準」をどう捉えるのか、の視点が政府・行政・マスコミに欠けているのが問題じゃないでしょうか。
11時間前 ・ いいね!

久松 達央
 私は多品目栽培で,今も10品目位をセット販売しているのですが,ほうれん草とカキナを外して他を売るという事に合理性が見いだせないし,お客さんにもどう説明していいのか悩みます。「行政がそう言ってるから」ってこんなときだけお上のせいにするのもどうかと思いますし。
10時間前 ・ いいね!

安井 至
 今朝の朝日新聞朝刊のやや詳細な記述、ヨウ素131は、甲状腺への被曝量が50mSv/年、セシウム137は、全身への被曝量が5mSv/年という情報がでておりましたので、HPの内容を訂正しました。
8時間前 ・ いいね!

安井 至
 もう一つご相談を。Facebookでのこの議論そのものが、一般市民向けの情報提供として有用だと思いますので、実名をすべて仮名に変更させていただき(私の名前は実名で残します)、私のHPにて公開させていただいて宜しいでしょうか。22日夜まで待ちまして、発言された方からの異議がなければ、進めさせていただきたいと思います。もしも、実名のままで良いと仰る方は、お申し出いただければ、そのように致します。
8時間前 ・ いいね! ・ 4人

久松 達央
 安井先生 私は仮名でも実名でも構いません。
5時間前 ・ いいね!

島田 敏
 熱を出して2日間寝込んでおりました。実名のままで結構です。
4時間前 ・ いいね!


写真  3月22日の朝刊。左から、読売1面、日経社会面、朝日1面
 赤い部分は、食品中の放射性物質の記事。どうみても、朝日が目立って大きい。実は、朝日はもっとけしからんことをやっている。それは、2面での枝野幹事長の発言(要旨)に、次の発言を削除している。「規制値は一生食べ続けても問題が無い値の上限である」。発言自体はちょっと間違っているかもしれない。「一生」−>「1年」の方が良いかもしれない。