________________


  もんじゅの設置許可無効判決  01.28.2003



 27日の名古屋高裁金沢支部は、高速増殖炉もんじゅの原子炉設置許可処分の無効確認を求めた行政訴訟で、請求を棄却した一審の福井地裁判決を取り消し、許可処分を無効とする判決を言い渡した。

 川崎和夫裁判長は、「国の安全審査には見過ごせない誤りや欠陥があった」、「放射性物質が放出されたり、炉心崩壊を起こしたりする危険性が否定できない」と無効の理由を述べた。

 原子炉施設の建設・運転差し止めや設置許可などをめぐる訴訟で、住民の請求が認められたのは初めて。判決が確定すれば、もんじゅの存続は不可能になる。原子力行政が根底から問われる事態となった。

 もんじゅの設置許可は、1980年に最初の申請が行われているが、今回の判決は、「現在の科学技術水準に照らし、原子力安全委員会の判断に見過ごし難い誤りや欠落などがあった場合に許可処分が違法となる」、指摘した。さらに誤りが重大な場合には、許可処分は無効になると述べた。

検討が不十分だが、とりあえず暫定版を掲載。


C先生:今回の判決は、なかなかのインパクトがある。裁判にあたって、問題になったのは、2点である。

(1)95年12月の事故の際に、漏れたナトリウムによって、厚さ6mmの鉄板が溶けた。そのため、ナトリウムとコンクリートが接触し、水素が発生することによって水素爆発が確実に防止できる保証はないとした。

(2)炉心崩壊のような重大な事故が起きる可能性があるかどうか、の判断。すなわち、蒸気発生器内の伝熱管が同時に大量に破断し、高温の水や蒸気が噴出す事故の可能性も争点となった。判決は、「高温による連続破裂の可能性を考慮していない。破損事故が拡大すれば、出力の異常な上昇と制御不能を招き、炉心崩壊を起こす恐れがある」とした。

B君:この第一の点は、こんな解釈をすべきだと思う。95年12月に、2次冷却系の温度計が設計ミスから破損し、0.7トンのナトリウムが漏れた。2次冷却系は、1次冷却系が窒素雰囲気になっているのに対し、通常の大気雰囲気である。そのため、溶融したナトリウムがポタポタとたれたが、漏洩速度が余り速くなかったために、ナトリウム量の減少を見張っているセンサーが作動しなかった。そして運転の停止も遅れ、また、部屋の閉鎖も遅れ、そのため継続的に酸素が供給されて、酸化反応が進行した。酸化したナトリウムは、床の鉄板と溶融塩反応を起こし、6mmの鉄板に穴が開いた。

A君:そもそも温度計の鞘の設計がまずくて、こんな形では折れるに決まっているというものを使っていました。それに、流れの解析も十分ではなくて、温度計が微振動を起こして折れるなどと考えていなかったようです。

C先生:今回、その事実は問題にならなかったようだ。

B君:1次冷却系のように、窒素雰囲気下であれば、漏れた金属ナトリウムは、金属のまま存在するから、鉄板と反応することもないのだ。2次冷却系でも、もし漏洩速度が非常に速ければ、一気に酸欠状態になるので、鉄板と反応したとしても、穴が開くまで反応は進まない。もんじゅ事故の漏洩速度は、ちょうど鉄板に穴を開けるのに適した速度であったらしい。

C先生:そんな状況だったのだが、鉄板の穴については、安全専門審査会にとっては、本当に予想外のことだったようだ。
 朝日新聞の朝刊でコメントを述べている近藤達男氏(前原子力安全委員会原子炉安全専門審査会長)は、「80年の最初の申請が行われた当時、ナトリウムが漏れて鉄板に穴があくといった知見はなかった」、と述べている。しかし、学界の一部、製鋼精錬などに関する熱力学的なデータの研究者にとっては、この程度の話は、常識ともいえることだったのではないだろうか。

B君:酸化物などの溶融塩の状態図を作っている研究者は、こんなのは常識だと当時言っていた。

A君:やはり、すべての情報を組み込んだ、万全のチェックが行われた訳ではないですね。しかし、技術というものは、かならず予想外のことが起きるのですね。それに、専門性というものがいかに範囲が狭いか。原子力のような総合科学では、各個人が、可能な限り広い知識を持つことが不可欠ですね。

B君:ところが、専門教育というものは、狭い範囲を狭く研究することしか教えない。

A君:近藤氏は、「新しい技術の発展のあり方を考えると、後になってわかってきた知見をもとに単純に違法とされるのはどんなものか」という見解を述べていますが、後になってわかった知見と本当に言えるのでしょうか。個人的にはそうだ、ということと、学界全体としてそうだということは違うように思いますが。

C先生:しかし、学界全体としてどうこう言っても、設計者が認識していなければ、やはり後になってわかってきた知見になってしまうのだ。

B君:いずれにしても、予想外のことが起きることを前提として技術開発をすることは、論理的矛盾だな。そのことが起きることを想定できない限り、設計に組み込むことは不可能だから。

C先生:第二の問題点に移るが、炉心崩壊のような事故を起こす可能性があるという裁判所の指摘であるが、これは、起こらないと主張する国側と、起こる可能性があるという主張する原告側とでどちらが正しいか、と言えば、それは、確率は完全なゼロではないから、原告側が正しい。ただし、裁判所の今回の判断は、「科学」よりもかなり「推理」に近い。確率論をきっちりと議論しないと、この手の議論は正しく行うことができない。

A君:裁判所の判断を読むと、「高温ラプチャー」と呼ばれる破壊機構が存在するにも関わらず、その破壊機構が起きないとの前提で、安全評価が行われたことは確実で、重大な過誤があると判断していますね。

B君:予想外なのか、想定しているが確率が低いのか。その区別が実に重要だ。

C先生:その通りだ。この手の話は、事故が起きる確率を考え、リスクとして評価すべきことである。破壊機構が存在しているから危険だというのではなく、まず起きた場合の被害を想定し、また、どのぐらいの確率でそのような破壊が起きるかを定量的に評価し、それを総合的なリスクで表現し、判断基準とすることが正しいように思える。

B君:今回の判決では、想定される破壊機構をさらにリスクの低いところまで拡大せよと主張しているようにも読める。これは、ある意味で正しいが、さらに拡大して、「予想外の事態も考慮せよ」とすることは、工学的には自己矛盾で、技術的解決は不可能になる。

A君:だから、「危ない科学・技術を使うな」というのが、一部の絶対安全論者の主張になる訳ですね。

B君:誰が危ないと判断するのだ。もしも、それを認めたら科学・技術の全面否定になる。

A君:同じく朝日新聞の朝刊で、九州大学教授の吉岡斉氏(科学史・科学政策が専門。原子力安全委員会の専門委員)は、「原子力のように技術が十分に確立しておらず、しかも事故がおこったときに社会的に重大な影響を及ぼす技術を扱う際には、通常以上の注意義務が課せられるべきだ。今回の判決は、大事故を避けるために不可欠な、こうした「予防原則」の考え方を採用した。まさに画期的な判決だ」、と述べていますね。

B君:吉岡氏は、技術を開発する側ではなくて、技術を論評する立場だから言える言葉だ。

C先生:吉岡氏の発言の前半部分、すなわち、通常以上の注意義務が課せられるのは当り前である。しかし、だからといって、「予防原則」の考え方を採用すべきことにはならない。「予防原則」をむやみと標榜することは、本来判断基準とすべきリスク評価を否定している行為であるとみなすべきで、技術開発が未来の環境問題を解決する可能性を肯定した発言とは言えない。

B君:ところが、最近「予防原則」が勢いを持ってきている。その理由は、日本人が短期的な視点のみを持っていることにあるように思えるのだ。

A君:現時点で、高速増殖炉が必要かどうか、それは確かに議論を要することですよ。今すぐは不要のようにも思います。しかし、一説によれば、石油は、2004年に生産量が最高値となり、以後、生産量は減るばかりであるという予測もあります。このような状況で、エネルギー供給について、どのような将来シナリオで描くか、この議論は極めて重要だと思うのですが。

B君:軽水炉による原子力では、地球は頼りになるほどのウラン資源量を持っていない。高々、化石燃料の枯渇を30年程度伸ばす程度だろう。しかし、高速増殖炉なるものが、もしも旨く機能すれば、1000年近いエネルギー供給源になる可能性がある。まあ、可能性のレベルだが。

A君:最終的なエネルギー供給源と目される核融合は、まだまだ100年以内には実現しないでしょうね。中性子による材料の損傷を避けるには、自己修復材料という新たな概念を実現しないと無理でしょう。となると、高速増殖炉を候補から降ろすことは、未来社会に対して責任を取らないことになりかねません。

C先生:すぐには不要というのは、恐らく正しい。もっとエネルギーの枯渇が進んでからで、良いのではないか。エネルギーコストが3倍ぐらいになれば、かなり見方が変わるだろう。諸外国で高速増殖炉の開発を止めたのは、もしも絶対的に近い安全性を確保することなれば、莫大なコストがかかり、高速増殖炉は経済的に成立する見込みが無いためだ、と考えている。決して、技術的に安全性が確保できないから止めたのではないだろう。

B君:技術とは、常にコストという縛りの中に存在しているのだ。その時点でコスト的に見合わない技術開発をやるのが、確かに技術開発ではあるのだが、あと30年以上もコスト的に見合わない技術まで開発すべきかどうか、それは大きな問題だ。

A君:核融合炉ITERなる研究開発も、まだ時期尚早のような気がしますが。

C先生:材料分野だけから見れば、核融合には、まだ解決の可能性が見えない。液体で真空容器を作ることができるか、といった問題のように見える。