謹賀新年 2003年1月1日

図をクリックすると拡大図が出ます(46kB)。
ガラス製の羊の置物のつもり。「これでは太ったヤギだ」、という家族の声があって、「未」の字を胴体に書き込みました。

本年もよろしくお願い申し上げます。本年の予測は、昨年末の記事にて記述しておりますが、環境面よりも国際紛争と天変地異の方が心配です。もっとも、いまから京都議定書対応をしておかないと、2007年ぐらいになって慌てることになり、しかも、いくら慌ててもどうしよもない、という事態を招きそうです。未来を先取りすることが、環境学の極意だと思います。今年の干支の「未」は、未来の「未」。